温かい街、Pontirolo Nuovo

ランニング中に撮影した街の看板

こんにちは。阿部です。

Invernizzi社でのチーズ研修も3週間目を迎えました。
6月14日から1週間スタッフの井上が研修中のイタリアのBergamo県Pontirolo Nuovoにあるinvernizzi社を訪問してきました。

ランニング中に撮影した街の看板
ランニング中に出会った街の看板

数ヶ月のたった1人の研修。
1番の心配は、工場の方々に受けれていただいているのか。街の人たちから歓迎されているのか。それを確認したくて日本からイタリアを訪問しました。

拍子抜けするほどの温かい人と街に、私の心配が杞憂であったことに心から安堵。
街の人たちから話しかけられ、週末にはホームパーティに招かれたり、ショッピングに誘われる姿を見て、安心いたしました。
街に唯一いるアジア人として、井上は街の有名人になっていました。

バス停に迎えにきた社長のfrancoとスタッフ井上
バス停に迎えにきた社長のfrancoとスタッフ井上

Pontirolo NuovoはMilanoから東北東へ37kmのところにある小さな小さな街。人口5000人の小さな街に1000頭の牛と3000頭の豚が住んでいる農業の街です。
そんな小さな街で、新鮮で美味しいミルクを原料にして、特別で格別なチーズを製造しているInvernizzi社。そこの工場で井上は海賊のような男たちと一緒に働いていました。

海賊のような男たち

井上は工場の中では特別扱いをしてもらうこともなく、新人として行う作業を真剣な眼差しで行なっていました。
日本からたった1人でやってきた女の子を、快く受け入れてくれたInvernizzi社の皆さんとPontirolo Nuovoの街の人たち。

Grazie mille !!